【これが効く】胃炎におすすめの薬!胃炎体質の改善に!

胃炎 薬

 

胃炎の原因はストレスにある?

 

胃の働きは自律神経にコントロールされているので、自律神経が乱れると胃にも影響が出ます。ストレスは自律神経のバランスを崩してしまうので、極度のストレスですぐに胃が痛くなり胃炎になることも。
慢性胃炎の多くの原因はピロリ菌によるものですが、ストレスからくる胃炎も少なくありません。
次のような症状はありませんか?
・胃もたれや胸やけ
・胃の痛みやみぞおちの痛み
・吐き気や酸っぱいものが上がってくる
・食欲不振やムカムカする
・薬があまり効かない
ストレスからくる胃炎にはこのような症状があり、これらの症状もまたストレスに原因に。
こういった症状を起こす原因には自律神経の乱れの他、胃の働きが弱まり、胃酸が増えたり胃が収縮を起こすことなどがあります。
このような状態を繰り返すことで慢性胃炎に発展し、胃潰瘍などになることもあります。そしてやがて小腸や大腸へと広がり、全体的に荒れて痛みが大きくなることも。そしてそれを放置しているとがんへと変わっていく事もあります。
胃が痛いときには胃薬などの服用で症状を抑えることが多いと思いますが、症状が長引くときには病院での診察をおすすめします。そしてストレスから遠ざかることも大切です。適度なストレスは自律神経のバランスのためにも必要ですが、長引くようなストレスは胃に大きな負担をかけることに。
ストレスからくる胃炎はストレスを解消することが一番の改善策。
ストレス社会の現代でストレスと切り離した生活をするのは大変難しい事ですが、上手な解消法を見つけてください。

 

慢性胃炎とは

 

胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。

 

慢性胃炎とぃうのは、胃粘膜の状態によって分類されます。
胃粘膜表面で軽い炎症のある状態を表層性胃炎といい、また炎症によって胃の粘膜が傷ついているびらん性胃炎、また萎縮性胃炎や肥厚性胃炎といったものがあります。

 

最も多いケースとして見られるのは萎縮性胃炎というもので、胃粘膜の炎症が長期にわたって続いたために胃粘膜自体が萎縮して薄くなってしまっている慢性胃炎です。

 

慢性胃炎は、慢性的な胃の不快感、胃もたれ、食欲不振、痛み、吐き気などを生じるもので、これらが長期的に継続して起こっている状態です。

 

慢性胃炎は、急性胃炎を放置することで生じることもありますし、同じ種類の刺激が胃に加わったために胃が慢性的に炎症を起こしている場合もあります。当然、過度の喫煙・飲酒が続いても生じますし、ピロリ菌による胃炎を放置しても慢性胃炎となります。

 

見逃せないのが、加齢によって胃が老化することで荒れた胃が修復できずに慢性胃炎になるケースです。食事習慣も大事ですし、また免疫力を上げて細菌感染などを防ぐことが特に高齢になると大事になります。

 

慢性胃炎の場合も急性胃炎と基本的には治療方法は変わりません。内視鏡検査で胃の中の状態を観察し、胃粘膜の状態を見ながら治療します。内服薬は胃酸の分泌を抑える薬と胃の働きを整え、修復する薬が使われます。

 

慢性胃炎は治療にかかる時間も長くなり、また再発することも多いです。ですから、自分で治ったと判断せずに医師の指示のもとで治療の終了は判断してください。

 

急性胃炎とは

 

胃炎と一口に言っても、急性胃炎と慢性胃炎に分けることができます。
そして、その中でさらにいくつかの症状に分けることができます。

 

急性胃炎は、何かしらの原因によって胃の粘膜に炎症が生じるもので、急に発症するのが特徴です。浮腫、出血、びらんが見られるのが一般的で、潰瘍を起こすことも少なくありません。

 

みぞおち付近を中心に急激に痛みを伴う場合もあり、検査の結果、胃の粘膜に問題がある場合に急性胃炎、また急性潰瘍を伴った場合には急性胃粘膜病変と診断されることもあります。

 

以前と比較して内視鏡検査が一般的に行われるようになって粘膜の様子が目視できるようになったので、症状の確認が容易になっていますが、診断によらず自覚症状から判断できるというケースはよほど重度の場合のみです。

 

急性胃炎の原因は、やはりアルコールの飲みすぎが多いです。
また、寄生虫、細菌、食中毒などから生じることもあり、時にインフルエンザなどの感染症、急性化膿性胃炎、アレルギー性胃炎、ストレス、医薬品なども原因となります。

 

昔からストレスは胃に悪いといわれますが、ストレスが脳に伝わると、胃酸の分泌を促す信号が脳から出るために胃が活発になり、特に空腹時などは胃の粘膜が荒らされてしまうようです。

 

急性胃炎の場合には、基本的に薬剤治療を行います。痛みがひどい場合は胃酸分泌を抑える薬を使ったり、胃粘膜を修復する薬などを合わせて処方します。状態や治療にもよりますが、比較的早期に治療できるケースがほとんどです。

 

胃炎の原因別の治療法

 

たくさんの要因が考えられる急性胃腸炎ですが、それに応じた治療法もたくさんあるようです。

 

食事においては、暴飲暴食による要因から引き起こされる急性胃腸炎がありますが、こういった場合、医師から処方してもらった薬を欠かさずきちんと飲むことが大切です。
そして当然のことながら、消化の良食事をするようにしていきましょう。
一度にあまりたくさん食べるようなことはせず、いわゆる腹八分目で済ましておきましょう。
できれば次の食事との間隔を4時間から5時間ほど空けましょう。
空腹の状態が長く続くのも良くないので、あまりにお腹がすいてきたら、少し間食をとって構いません。
特に乳製品は胃酸を和らげてくれるのでお勧めです。

 

コーヒーや炭酸、アルコールといった刺激物は当分の間はやめておきましょう。
タバコもお勧めしません。

 

ルイボスティーなんかはお勧めの飲み物です。
カフェインが入っていないし、健康の面からみてもよいお茶です。
胃の調子が悪い人にもお勧めなお茶なんです。

 

薬による副作用から引き起こされる急性胃腸炎には、薬の飲み方の改善と食生活の改善が大切です。

 

薬は症状を改善するものですが、その飲み方を間違うと逆方向に作用します。
正しい飲み方にすること、そして食生活を改善すること、この2つで回復に向かっていくはずです。
お腹がすいている時に薬を飲んでしまうのは良くありません。
薬を処方してもらった時に教えてもらった方法で必ず飲むようにしましょう。

 

感染症やアレルギーにより引き起こされる急性胃腸炎は、まず、とにかくその症状を治してしまいましょう。
ビタミンと電解質をたくさんとるように心がけ、水分も適宜補うようにしましょう。
睡眠をしっかりとることも大切です。

 

ストレスにより引き起こされた急性胃腸炎は厄介です。
ストレスを完全になくすというのはなかなか難しいからです。
とりあえずできることは、胃の粘膜をきれいな状態にすることです。
処方された薬はきちんと飲みましょう。
食生活もきちんと見直しましょ。
ストレスの原因に向き足、立ち向かう意識を持っていきましょう。

 

胃炎に効果のある食べ物

 

慢性胃炎の予防や改善を促すためには、粘膜の再生を促すビタミンAや、粘膜を保護し粘液を作るビタミンC、Eといった胃の粘膜を強化する栄養素を積極的に摂取していくことが大切です。

 

基本的に慢性胃炎の治療については、自然治癒力を高め、胃へのダメージを少なくするしかありません。病院で処方される薬も、あくまでその手助けでしかありません。

 

上記のようなビタミンを多く含む野菜や果物を積極的に摂取し、そして胃に悪い食事は避けていくことが大切です。

 

胃に良いと言われるのは、昔から大根、かぶなどの根菜類や、白菜、ほうれんそう、春菊小松菜などの葉野菜。それから胃にやさしいキャベツや玉ねぎなどがあります。
野菜ジュースも胃の回復のためには良いので、積極的に摂りましょう。

 

果物は基本的に胃に良いので、どんどん食べてかまいません。ただ、食べすぎはどちらにしろ負担ですから気をつけましょう。

 

山芋、里芋、オクラなどはムチンが豊富ですから、胃の粘膜の修復を助けてくれ、慢性胃炎に有効です。

 

慢性胃炎の予防、改善に効果的な栄養素に、意外に思えるかもしれませんが乳酸菌があります。乳酸菌整腸作用や腸内環境を改善するというのが有名ですが、実は胃にも良い効果があるのです。というのは、乳酸菌の中には、ピロリ菌を大幅に減らす菌もあることがわかったからです。そのLG21乳酸菌という菌の入ったヨーグルトは非常に今人気になっています。

 

他にも、消化を助ける酵素を多く含む発酵食品は胃の弱った方などにはオススメです。

 

胃炎に効く市販薬

 

胃炎に利用されている市販薬には、どんな成分が使われているのか気になりませんか。辛い胃炎を抑えるためのヒントが、市販薬の中には詰まっていますから、参考にして胃炎対策を行って見ましょう。

 

薬と一口に言っても、病院でもらう「医療用薬」と薬局で購入する「市販薬(一般薬)」とは全然違います。使える成分や量などが違いますので、当然薬の作りも違ってくるのです。一般的に市販薬は医療用薬よりも効果は穏やかですが、副作用などの心配が少ないようになっています。

 

市販薬に使われる成分には、胃酸の分泌を抑えるタイプのもの、そして過剰に分泌された胃酸を化学的に中和するためのもの、胃の粘液の分泌を促進したり、胃の血流を増加させることで胃粘膜を保護・修復を助けるもの、胃や体全体の調子を整えるためのもの、消化を促すためのもの、などが入っています。

 

こういった観点で胃炎対策は行っていけばいいということになります。

 

見ていけばわかるように、傷を治すというよりも胃に負担をかけず、治癒を早めるといった感じのアプローチが取られています。炎症を鎮め、痛みを取り去ってほしいものですが、胃にダメージを与えないためのものや、自己修復を助ける作用のあるものが多いので、自分で対策をする際にもこういったことに気をつけると良いでしょう。

 

特に、食事のメニュー選びなどの際にこういった知識があると大変役立ちます。胃にやさしいものを選ぶ、胃酸の分泌を促進しないようなものを選ぶ、栄養のあるものを選ぶ、といったことが大切ですね。